猫ちゃん

「野良猫を保護した」と言うおばあちゃん→孫が見に行くとそこには…!

とある男性の元に、

おばあちゃんから連絡が入りました。

「最近野良猫を保護したので、遊びにおいで」

というもの。

男性がさっそく行ってみると、

そこにいたのは、

猫とは言いがたい生き物だったのです。

野良猫を保護したおばあちゃん

アメリカのカンザス州に暮らすEric Hertleinさん。

近所に住む彼のおばあちゃんは、

野良猫たちを保護する活動を行っており、

家に何匹もの保護猫たちが住んでいます。

最近また猫を保護したということだったので、

さっそくおばあちゃんの家へ遊びに行くことに。

しかしそこで、驚きの光景を目の当たりにします。

手前に座るのは間違いなく猫のようですが、

そこにいるのは野生のオポッサム。

ネズミのような見た目をした有袋類で、

フクロネズミとも呼ばれています。

おばあちゃんは自宅のベランダを、

野良猫たちの避難所に改装し、

いつでも入れるように、

開放しっぱなしなのだそうです。

オポッサムは野良猫たちに紛れて、

侵入したようです。



おばあちゃんの反応

オポッサムのことを野良猫だと思い込んで、

「テテ」という名前まで与えて可愛がっていたのに、

実は猫じゃないという真実を知ってしまったおばあちゃん。

しかし驚く素振りを全く見せず、

Ericさんにこう言いました。

「例え野良猫じゃなくたって、私は気にしないわ。この子は誰にも迷惑をかけていないんだから、このまま一緒に面倒を見てあげてもいいじゃない。」

おばあちゃんは、

優しく寛大な心をもっていたのです。

「テテ」の正体を知ったおばあちゃん。

今でも変わらず、

猫たちとオポッサムの世話をしながら、

のんびりと暮らしているそうです。