泣ける

娘の命を奪った犯人と法廷で会った母親がとった驚くべき行動!

奪われた娘の命

アメリカのフロリダ州でジョーディン・ハウさんは、

乗車中のスクールバス内において、

勝手に持ち出した義理の父のピストルを、

友達に自慢していました。

その際に間違って発射してしまい、

弾丸はルールド・ジーナ・グスマン・デジャサスさん(13歳)の首に命中します。

彼女はすぐ病院へ運ばれましたが、

そのまま亡くなってしまいました。

事件からおよそ1年半後、

この事件の裁判が始まります。

そこで、

ついにジーナさんの母親であるアディさんは、

犯人のハウさんと対面することになります。

娘さんを殺した犯人を目の前にして、

緊迫した空気が法廷内に流れます。



母親の行動

犯人に対する憎しみは、

第三者には想像もつきません。

しかしアディさんがとったある行動により、

法廷内にいる全員が驚かされるました。

アディさんは目の前に立つハウさんを、

強く抱きしめたのです。

そしてさらに、

ハウさんの刑を軽くしてほしいとまで訴えたのです。

本来なら重刑だったであろうハウさんは、

アディさんの配慮に感動したのか、

涙をこらえていました。

ハウさんは結果的に少年院で1年過ごした後、

アディさんと一緒に学校を訪れて、

ピストルの危険性を訴えるための講演を、

することになりました。

大きな器と行動力

後日インタビューを受けたアディさんは、

このように答えています。

「ハウは娘の友人でもありました。おそらく娘は彼に重刑を与えることは望んでいないはず。これからの私たちには、他の子どもたちの間で同じことが2度と起きないようにサポートするチャンスがあります。」

アディさんがハウさんを許し、

法廷内で抱きしめるまでの間に、

彼女はどれだけ葛藤したのでしょうか?

それだけではなく、

自分たちの経験をもとにして、

他の子どもたちの未来をも守ろうとしています。

アディさんは大きな器と行動力を持っている、

素晴らしい女性ですね。