猫ちゃん

保健所へ向かう途中、高速道路の路肩で子猫を保護➡︎2つの命が起こした奇跡!

高速道路の路肩に子猫

アメリカのニュージャージー州で暮らしている、

ケリー・ローレンス・ピーターズさんという女性は、

「The Kitty Krusade」という保護団体で、

猫の保護活動をしています。

ケリーさんはある日、

子猫が高速道路の路肩にいるのを見つけました。

急いで車を止めたケリーさんは、

怯える子猫に「大丈夫よ」と話しかけながら近付き、

子猫を保護することに成功します。

そして同じ日にケリーさんは保健所から、

ケガをしてる子猫のミアを引き取り、

病気を持ってるデイヴと共に動物病院へ行きました。

その日からデイヴと名付けられた子猫とミアは、

まるで感謝するように喉を鳴らし続けます。



2匹のその後

デイヴは猫風邪による、

目ヤニのせいで両目がくっついてる状態で、

目を開けるのが難しい状況でした。

一方のミアは、

骨盤骨折というケガを負っていましたが、

幸運にも自然治癒ができる状態でした。

急いで病院へ連れて行ったことが功を奏したのか、

2匹の子猫は快方に向かっています。

ケリーさんはこう話しています。

「今では目がすっかり良くなったデイヴは遊び好きの子になったわ。彼女はとてもご機嫌な子よ。次のステップは良い家族を見つけることね」

ミアも強い子猫で毎日しっかり食べ、

怪我はぐんぐんと回復していきました。

2匹の幸せ

しばらくの間デイヴは預かり主の家で、

毎日を幸せに過ごしていたそうです。

そして2017年9月15日、

新しい家族のもとへ引き取られていきました。

普通では考えられないような場所で、

発見されたデイヴ。

誰かがわざと、

危険な場所へ放り投げた可能性が高い、

とThe Kitty Krusadeは考えているそうです。

そしてミアの方も、

今では自力で下半身を動かせるほど回復しています。

これからの2匹の猫生が、

幸せに溢れたものであるように祈っています。