びっくり

ホテルに『透明のビニール袋』が置いてある理由を知ってますか?

ホテルのビニール袋

宿泊しているホテルが火事になったら、

どう対処したら良いのでしょう?

きっと慌てて冷静な判断ができなくなるでしょう。

しかし、火の手は迫ってきます。

一刻も早く、

安全な場所に逃げなくてはいけません。


しかしもうもうとした煙が、

まず行く手を遮ることでしょう。

そんな時に、役に立つのがビニール袋です。

透明のビニール袋は、

火災発生時に頭からすっぽり被って、

『防煙フード』として活用できるのです。



防煙フード

火災現場は煙で見通しが悪いだけでなく、

その煙を吸い込むことで、

一酸化炭素中毒を引き起こすこともあり、

注意が必要です。

そんな危険から身を守ってくれる、

ビニール袋の使い方を解説します。

まずビニール袋を良く振って、

中にたくさん空気を入れます。

そして袋を頭からかぶり、

外の空気が入らないように袋の口を絞って、

片手で持つのです。

最近では専用の

「防煙フード」を置いてあるホテルもあるそうですが、

それがない場合でも透明のビニール袋で代用できます。

警視庁警備部災害対策課では、

「窒息の危険性があるため、使用方法には注意が必要」

だと言っていますが、

緊急時に備えて、

ぜひ覚えておきたい活用法ですね。

ネット上では、

「なるほど」「ためになる」

という声が多く寄せられているそうです。

ビニール袋1つで、

命を守ることができるかもしれませんね。