猫ちゃん

母親を失った子猫の寂しさを癒した優しいおばあちゃん猫に胸が熱くなる・・・

母を失った猫

カナダのモントリオールに住む女性が、

土埃だらけの雑草の中に、

1匹の子猫を見つけました。

その子猫は、

生後わずか3週間ほどの小さな子猫でした。

しかしその回りには、

母親の姿は見当たりません。

女性はとりあえずその子猫を保護団体の、

『Chatons Orphelins Montreal』

に預けることにしました。

預けられた子猫はそこで、

「パスティール」という名前をもらいました。

パスティールはよほど空腹だったのか、

ミルク瓶を見せるとすぐに飛びついたそうです。

旺盛な食欲のため、

子猫の体力はすぐに回復しました。

しかし幼いうちに母親を失った悲しみは、

簡単に癒えるのもではありません。

そんなパスティールに、

一筋の光が差し込みました。



おばあちゃん猫

パスティールは里親さんの家に、

引き取られることになりました。

そのお宅にはすでに、

マーシャという16歳の猫がいました。

そして先住猫のマーシャは、

パスティールを温かく迎えてくれたのです。

親の愛情を知らないパスティールでしたが、

マーシャの優しさに甘えるようになりました。

いつもマーシャの後を、

ついて歩くようになったのです。

グレーと白という毛並みは2匹とも似ており、

並んでいるとまるで本当に、

おばあちゃんと孫のように見えてしまいます。

生活に必要な知恵も、

しっかりマーシャが教え込みます。

5週間後

パスティールは新しくできた素敵な家族の中で、

少しずつたくましく成長しています。

まだまだ小さなパスティールですが、

里親家族の大きな愛に包まれて暮らしています。

そして猫としての大切なことは、

おばあちゃん猫のマーシャからしっかり学んでいます。

母親がいなくても、

パスティールはマーシャのおかげで、

立派な一人前の猫に育っていくでしょう。

これからもパスティールには、

幸せに生きていって欲しいですね。