猫ちゃん

関係者専用の駐車スペースに無断で停まり、説得にも応じない輩がこちら(笑)

公共施設などの駐車場には一般用、

関係者用、そして障害者用と別れています。

一般用が満車の場合など、

障害者用のスペースにまで食い込んで、

停めてしまう困った人がいます。

アナウンスで障害者用には停めないように、

と言っているのをよく聞きます。

それでも平気で停めてしまう人がいて、

そこを使う権利のある人が使えない、

ということになってしまいます。

そんな困った事態が、

ある公共機関の駐車場にもありました。



無断で停まる輩(笑)

姫路市文化センターの関係者用の駐車スペースに、

無断で居座っている困った方がいるというのです。

移動するよういくら注意しても、

聞き入れないといいます。


この問題に、

うまい解決策はあるのでしょうか?

なかなかに厄介な犯ニャンですね。

いくら説得しても耳を貸さないわけです。

ネットの反応

言うことを聞かそうとしたら、

マタタビが必要かもしれませんね。

この職員さんの呟きに対して、

ネット上ではたくさんの同情の声が集まりました。

中には、この方を副館長に任命するというアイデアも。

きっと可愛い副館長になることでしょう。


ただしこの方、

うまく懐いてくれるでしょうか?

猫ちゃんを無下にどかさないところを見ると、

姫路市文化センターの職員さんは優しい方なのでしょう。

うまい解決法が見つかれば良いですね。