猫ちゃん

仕事のお手伝いをしてくれる、オフィスに舞い降りた小さな天使!

今回ご紹介するのは、

職場の近くに捨てられていた小さな子猫。

ある親切な女性が出勤前、

自分の職場近くでうずくまっている、

子猫を発見しました。

可哀想に想った女性は、

子猫を抱きかかえると、

そのまま職場へ出勤したそうです。

通常の企業であれば、

子猫を連れたままの出勤なんて、

できませんよね。

しかしこの女性の職場は、

それができました。

それはなぜでしょうか?

子猫とオフィス

子猫を抱えたまま出勤できた理由。

それはオフィスですでに別の猫が飼われており、

自由にオフィス内を歩き回っているからでした。

「私達の職場は、駐車場から数百メートルしか離れていない場所にあるんだけど、この子猫はそこに捨てられていたんじゃないかな」

こう語ったのは社員のリカオンさん。

子猫はオフィスに入ると、

臆することなく隅々まで散策。

まるで、

新しい場所を楽しんでいるかのように、

歩き回ったそうです。

そして先住猫ともすぐに打ち解け、

みんなの仕事をお手伝いするように。

ある時は、

コーヒーブレイク中のスタッフを癒しに来たり、

またある時はグラフィックデザイナーの、

デスクに遊びに来てみたり…。

仕事の邪魔になる時もあるようですが、

可愛らしいその様子に、

仕事の疲れが癒されているのだそうです。

子猫もみんなに構ってもらえるのが大好きで、

撫でられると気持ちよさそうな顔をするのだとか。

まさにみんなの癒しマスコットですね。



新しいニャン生

オフィスの人々は、

「この子猫がもし脱走していたら…」

ということを考え、

近所の人などにこの子猫の事を、

知っている人がいないか聞いて回りました。

しかし誰もこの子猫を、

知る人はいなかったようです。

そこでこの子猫のためにと、

新しい家族を探すことに。

するとリカロンさんの同僚の兄弟が、

子猫を引き取りたいと名乗り出たのです。

同じオフィスの兄弟なら、

今後も気兼ねなく、

オフィスに来ることができますね。

そして引き取られたその後も、

気まぐれに朝のオフィスにひょっこりと、

顔を出しに来るのだそうです。

温かい人々のおかげで、

新しい家族に出会えた子猫。

これからもっと幸せに、

すくすくと成長していって欲しいですね。