猫ちゃん

世界で初めて砂漠で目撃され、カメラに収められた野生の猫の貴重な写真!

スナネコ

ネコ科動物を専門に研究している団体

「Panthera France」はある時、

ディレクターのグレゴリー・ブレトンさんと、

その同僚たちが行なっていた探検を、

終わらせようとしていました。

しかしそのとき、

彼らは砂漠に生息する生物、

スナネコ3匹を見つけたのです。

野生のスナネコの目撃情報はかなり少なく、

その子猫を至近距離で発見したのは、

おそらく世界初ではないかとのこと。

グレゴリーさん率いるチームは、

スナネコを記録するため、

モロッコのサハラ砂漠で、

最後の探検をしていました。

スナネコは人目につかないところに隠れており、

野生で発見することはほとんどできないのです。

砂漠の野生の猫

遠くの林がふと気になった、

チームメンバーのアレクサンダーさんは、

ライトを車の屋根から照らしてみました。

すると6つの小さな点が4キロほど先の林で、

光っているのがかすかに見えたのです。

手持ちの機器を使って、

動物が3匹いることをはっきり確認できました。

そして、

大きな耳と幅の広い顔の輪郭という特徴から、

スナネコだと判明しました。

スナネコは足跡をほとんど残さず、

常に隠れており毛色も周囲と同化して、

より見つけづらくなっているのです。

この子猫たちは推定で6〜8週間ほどとのこと。



世界初の貴重な写真

チームは機器を片付けた後、

猫の方へ慎重に近づきました。

こちらの写真はおそらく先ほどの、

子猫たちの母親と思われます。

子猫たちよりも、

かなり大きな耳が特徴的です。

情報や資料が少ないため、

今回の成果が役に立てれば良い、

とグレゴリーさんたちは期待しています。

猫といえば、

ペットとしてのイメージが強いと思います。

ですがこうして、

砂漠で野生として生きている猫もいるのですね。