猫ちゃん

庭先に突然現れた子猫!この出会いこそ奇跡の前兆だった・・・

庭先に現れた子猫

あるお家に、1匹の子猫がやってきました。

その子猫は庭先に現れるや否や、

大きな声で鳴きました。

このお家はすでに2匹の猫を飼っていましたが、

何かに引き寄せられるように近づいてくる子猫に、

お家の人は何かを感じたようです。

食べ物を少し与えて子猫が後ろを向いた瞬間に、

捕まえて家に入れました。

子猫は骨と皮ばかりに痩せていました。

お家の人は子猫にたっぷりのご飯をやり、

お風呂に入れてノミを取り除いて、

体をきれいにしてあげました。

突然の訪問者

このお家に住んでいた女性は、

当初この子猫を飼うつもりはなく、

良い飼い主が見つかるまで、

お世話をしようと思っていました。

しかし子猫のあまりにもリラックスした姿に、

気持ちは変わっていきました。

子猫はビンクスと名前をつけられ、

この家に飼われることになったのです。

その後このビンクスとの出会いは、

運命的なものだったと気づきます。

ビンクスは先住猫たちとも仲良くし、

まるで初めからこのうちの猫だったように振舞います。

ビンクスはこの家に来た日から、

なぜか最年長の猫のニッケルにくっつき、

離れなくなりました。

ニッケルは初めこそ戸惑っていましたが、

すぐにビンクスを受け入れました。

その後16歳のニッケルは、

ビンクスを自分の子どものように可愛がりました。

こうして2匹の仲睦じい姿は、

数週間続きました。



猫の奇跡

ビンクスとの出会いから1ヶ月後、

ニッケルは天国へと旅立って行きました。

ニッケルは自分がもう長くないことを悟り、

ビンクスにここで暮らすための知恵を、

すべて教えてくれていたのです。

そのためにニッケルは、

ビンクスとずっと一緒にいたのでした。

「ビンクスのおかげで、私はニッケルを失った後のペットロスに苦しむことがありませんでした。」

と飼い主さんは語ります。

ニッケルは自分がいなくなった後のことを思い、

ビンクスを呼び寄せたのではないか、

と彼女は思っています。

ビンクスがこのお家に来たのは、

決して偶然ではなかったのです。

「これは奇跡だと信じたい」

と彼女は言います。

あれから2年の月日が経ち、

ビンクスはふわふわの素敵な猫に成長しました。

2匹の猫のおかげで、

飼い主さんの悲しみが薄れていったのです。

動物には不思議な『勘』があるようですね。