わんちゃん

「この子たちの世話は私に任せて」猫好きなワンちゃんの子育て奮闘記!

子猫のテリーとジェリーは、

生まれてからたった2時間しか経っていない時に、

ゴミ捨て場で発見されました。

周りには母猫もいなかったため、

発見者は日頃から猫の保護や預かりをしている、

友人のケリーさんにこの子猫たちを託しました。

小さな子猫を育てるのは大変です。

数時間おきのミルクを与えたりと、

つきっきりの『育児』が欠かせません。

しかし、ケリーさんには頼もしい相棒がいます。

それは、スージーという名前のワンちゃんでした。

猫好きワンちゃん

ケリーさんの飼っている愛犬、

スージーはどういうわけか子猫が大好きなのです。

ケリーさんが連れてきた保護猫たちにも、

まるで母親のように子猫に接するのです。

保護から48時間後、

2匹は元気に鳴き始めました。

ある真夜中、

ジェリーに大声で起こされたケリーさんは、

ミルクを上げようと子猫のそばに行きました。

するとスージーが、

2匹のそばに寄り添っていたのです。

スージーは生まれたばかりの子猫が気になって、

ずっと子猫のそばで寝ていたようでした。

スージーは片時も2匹から目を離しません。

ケリーさんが見ていなくても子猫たちが動けば、

スージーが必ず彼女に知らせてくるのです。

まだ目も開いていない2匹の子猫が、

スージーには心配で仕方がないのでしょう。

子育て奮闘記

ケリーさんが子猫たちのミルクタイムに、

手を焼いている時がありました。

ケリーさんはこのように話します。

「ミルクをあげようとすると、暴れて脱糞するの。イライラしていたらスージーが軽蔑の目で私を見るの。気を取り直して、スージーが子猫たちを温めている間にまたミルクを用意すると、子猫はいい子でミルクを飲んでくれるの。」

スージーなしでは、

もう子猫の世話は考えられないようですね。

スージーは子猫を守ることに必死でした。

スージーにはケーシーさんの愛猫で、

クシという以前からの親友がいました。

そのクシと子猫を対面させようとすると、

スージーは断固として阻止するのです。



犬の保母さん

寝ている時も子猫のそばでクシの声がすると、

夢中でクシを追い払います。

まるでスージーは本当のお母さんのように、

子猫の育児に没頭するのでした。

スージーのおかげですくすく育った子猫たちは、

やがて新しい飼い主さんのお家に旅立って行きました。

名前もテリーは「ビーニー」に、

ジェリーは「セシル」と新しい名前をもらい、

シアトルで新しい生活を始めたそうです。


今は美しく成長した2匹ですが、

育ての親のスージーは決して忘れないでしょう。

ケリーさんのお家には、

今も続々と新入りの子猫たちがやってきます。

スージーは寂しがる暇もないほど、

新しい子猫たちの世話に忙しくしていることでしょう。