びっくり

ラスベガスの銃乱射事件の時に元兵士がトラックを盗んだ理由とは?

ラスベガスの銃乱射事件

2017年10月1日の夜、

銃乱射事件がアメリカのラスベガスで起きました。

アメリカでの単独犯による銃乱射事件で、

史上最悪の被害をもたらし、

死者は58人で負傷者は500人以上にのぼりました。

元米軍兵士のテイラーさんは事件の現場である、

カントリーミュージックのコンサートに居合わせていました。

幸運にもケガはなく、

彼は会場から抜け出すことができました。

大勢の人たちがパニックに陥る中、

テイラーさんはコンサート会場の近くにある、

駐車場へ向かいました。

キーがつけっぱなしのトラックを見つけたテイラーさんは、

すぐに彼の友人たちとその車に乗り込んだのです。

つまり、彼はトラックを盗み出したのです。

トラックを盗んだ理由

テイラーさんたちが現場へ戻った時、

銃乱射はまだ続いていたそうです。

それでも彼らはためらわずに、

大ケガを負って動けない人たちをトラックに乗せ、

病院へと連れて行きました。

「俺たちもすごく怖かった。でもあの状況で救急車はすぐにやってこないから、すぐにケガ人を病院へ連れてく必要があると思ったんだ。」

十数人のケガ人を、

病院へ連れて行ったテイラーさんたちは、

すぐに現場へ戻って、

他のケガ人たちを助け出しました。

瀕死の重傷を負った人には、

救命措置を移動中に施したそうです。

「米軍における訓練が役立った。そのおかげで冷静を保ちつづけられたと思う。」



トラックの持ち主の反応

その翌日、

無断で使用されたトラックの持ち主から、

テイラーさんへ連絡がありました。

人命救助が理由だったとはいえ、

トラックを「盗んだ」と言われてもおかしくありません。

しかし事情を聞いた持ち主の男性は、こう言いました。

「車のキーさえ返してくれれば、後のことは済んだことだから構わない」

テイラーさんたちは事件当日、

救急車が到着するまでに約30人もの重傷者を、

病院へ連れて行きました。

もしテイラーさんたちの救助がなければ、

被害者は更に多くなっていたかもしれません。

人々を救出するため、

自身の命を危険にさらしながら行動した、

テイラーさんたちに心から拍手を送りたいですね。