泣ける

娘に食べさせるため、空腹にひたすら耐えていた、やせ細った父親の愛!

空腹に耐える父

ジュネル・サラヤンさんは、

フィリピンで不動産業を営んでいます。

今からご紹介する写真は、

ジュネルさんがファストフード店で撮影し、

自身のFacebookに投稿したものです。

やせ細った父親と2人の娘が食事をしていますが、

父親だけは空腹に耐えているのです。

なぜ父親だけ食べないのか疑問に思ったジュネルさんは、

早速この男性にどういうことなのかを尋ねました。

彼の説明によれば長女の学年末を、

3人でお祝いしているところだということ、

リアン・アレブアボさんという38歳の父親は、

半身が麻痺していて会話も難しいということを知りました。

脳溢血で4年前に倒れ、後遺症が残ったそうです。

そんなリアンさんはなぜ、

空腹を我慢しているのでしょうか?

空腹に耐える理由

脳溢血でリアンさんが倒れた後、

奥さんは娘さんたちと一緒に、

彼から離れていきました。

後遺症を抱えつつも、

リアンさんは雑貨店で働き続け、

2人の娘さんの養育権を取り戻します。

現在はマニラのスラム街の小屋で、

生活しているそうです。

ジュネルさんは彼らの生活の様子を、

見せてもらいました。

そして、

4平方メートルの一間で暮らす彼らに、

ジュネルさんは衝撃を受けます。

仕事で得るわずかな収入と生活保護のほとんどを、

リアンさんは娘さんたちの生活費と教育費に充てています。

リアンさんが空腹を我慢していたのは、

娘さんたちに費やす費用を捻出する為、

自分の食費を削っていたからです。



資金援助

「私自身は読み書きはできませんが、娘たちには勉強させてあげたい。いつかスラム街から出て行って欲しいのです」

リアンさんはそう話しています。

ジュアンさんは一家のために、

ソーシャルネットワークで資金援助を呼びかけました。

するとフィリピン全土に冒頭の写真が拡散し、

たくさんの人々から援助の声が上がります。

支援を受けたリアンさんは心から感謝をしており、

また父親としてこれからも生きていく覚悟が、

変わることはないとのこと。

リアンさんはこう語ります。

「生活に疲れてしまうこともあります。でも前に進まなくてはならないんです」

自分よりも、

娘さんたちのことを優先して育てる彼に、

娘さんたちが感謝する日はそう遠くないでしょう。