おもしろ

福原愛と吉田沙保里のやり取りが異次元すぎてファンを震えあがらせる…!

手作りのポーチ

天才卓球少女と言われた福原愛選手と、

霊長類最強女子と言われたレスリングの吉田沙保里選手の、

異次元のようなやり取りが話題になりました。

ある日福原選手がTwitterに、

手作りしたポーチの画像を投稿。

新しく購入したミシンで作ったらしく、

可愛らしいデザインで大評判となりました。


そのポーチを見て、吉田選手がメッセージを送信。

それに対し福原選手は、

「ありがとうございます!もう少し上達したらプレゼントしたいので、受け取ってください!」

と嬉しさを露わにしました。

異次元のやり取り

すると吉田選手は、

メダル入れをオーダーしたのです。

オリンピックで取得した、

4つのメダルを収納できるポーチ。

思いがけない注文にびっくりです!


オーダーを受けた福原選手は、

さっそく生地の型取りをします。

しかし、「うちには2つ”しか”ない」と落胆。

吉田選手を凄いと称賛しますが、

殆どの人間はオリンピックのメダルなんて持っていないでしょう。



ネットの反応

さりげなくアスリートと一般人の違いを見せつけられ、

ネット上で多くの人が震えあがっております。

メダルが2つあるだけでも凄いことです。

4つ入りのポーチを作るには、

サイズを大きくしないといけませんね。


コメント欄では、

ポーチ作りのアドバイスも寄せられていました。

しかし女子力が高い会話かと思いきや、

実は次元の違う会話が繰り広げられていて、

びっくりした人も多かったようです。

プロアスリートならではの会話に、

圧倒させられました。