猫ちゃん

常に抱っこを要求し、してくれないと泣きわめく老猫のために考えた対策とは?

抱っこをせがむドギー

ある日メイン州ウェストブルックの、

レスキューグループに老猫がやってきました。

この猫の名前は「ドギー」と言います。

彼は15歳と高齢でしたがとても社交的で、

その反面1匹でいるのが、

苦手なところがありました。

そのため抱っこしてもらえず1匹になると、

施設のスタッフに抱き上げてもらえるまで、

必死に鳴き続けます。

しかし抱っこしながらも、

作業は進めなければなりません。

そんなダウジーの要求と作業ができるように、

との願いを同時に叶えるため、

スタッフは良い方法を考えつきました。

抱っこ紐

それは赤ちゃん用抱っこ紐を使って、

ドギーを抱きかかえることです。

この方法はドギーも、

とても気に入ったようです。

常に愛情を感じることができ、

心が満ち溢れた状態に保たれていました。

そんな人懐っこく社交性の高いドギーを、

この施設のウェブサイトで見つけ、

会いたいとやってきた女性がいました。

その女性というのはアッシュ・バーキンスさんで、

赤ちゃん用の抱っこ紐で抱きかかえられている、

かわいいドギーを見て一瞬で恋に落ちました。



里親との出会い

そしてバーキンスさんが近づくと、

ドギーは寄り添って喉をゴロゴロと鳴らし、

キスをしたのです。

その時ふと、

一緒に家に帰ろうと思ったと言います。

パーキンスさんの家には、

ジャックスと言う先住猫がいましたが、

もちろん社交性の高いドギーですから、

すぐに友達になりました。

数ヶ月間施設で過ごしましたが、

今は人間の家族と一緒に毎日、

ベッドで眠りについています。

もう抱っこしてほしくて、

鳴き続けることもしなくて良さそうですね!

バーキンスさんも、

優しくて素晴らしいドギーに会えて、

ラッキーだったと言います。

これからもずっと一緒に、

仲良く暮らしていってくださいね。