猫ちゃん

通行人からお金を寄付してもらっていたホームレス猫の恩返しとは?

海外のとあるオフィスに、

1匹の猫が住んでいます。

もともとホームレスをしていたこの猫は、

路上生活中に培ったとある技で、

路上生活を余儀なくされているホームレスたちを、

支援する活動に取り組んでいます。

それは、通行人からお金を徴収するというもの。

もちろん自身が使うわけではありません。

普通の猫なら、

お金よりマタタビに反応するところですが、

この猫は現金に魅力を感じるようです。

お金ハンターの異名を持つ猫の、

活躍の数々についてご紹介します。

ホームレス猫

オクラホマ州タルサにあるマーケティング会社、

「GuRuStu」で飼われている、

オス猫のキャッシュニップ。

以前まではホームレス猫でしたが、

生後6か月の時にこの会社に引き取られました。

今では立派な社員の一員です。

「彼はオフィスの全員と仲良しでよくキーボードの上を歩き、書いている途中のメールを勝手に送信してしまいます。」

GuRuStuのオーナーである、

スチュアート・マックダニエルさんはこう言います。

ところが、1ヶ月前から社内で不可解な、

現象が起きるようになったのです。

会社の入り口ドアに、

ドル紙幣が落ちていたのです。

その後もお金は増えていく一方。

社員全員がこの不可解な現象に悩みました。



お金ハンター

「私たちのオフィスはタルサのダウンタウンの観光地の1つにあり、多くの人が訪れます。」

お金が増えていく原因を調査していくことに。

すると、意外な事実が発覚したのです。

「調べていくうちにあることに気づきました。きっと、この通りを通る人がこの猫にお金をあげているんだと」

証拠のため、試しにドアの隙間から、

1ドル札を差し込んでみます。

キャッシュニップは、

差し込まれたお金を両手を使い、

器用に掴んだのです。

真相が明らかになり、

キャッシュニップが持っている、

特殊な才能が露呈したのです。

チームは彼の特別な才能を、

もっと人のために役立てないか考えました。

そうしてキャッシュニップが集めたお金で、

ホームレスの人々を助ける取り組みが行われたのです。

善意の心

この調査を受けてGuRuStuは、

次のようにコメントしています。

キャッシュニップは、慈善の心を持っています。あなたのお金をホームレスの人々のためにタルサ・デイ・センターに寄付します。

キャッシュニップは『お金を挿入することが慈善活動につながります』と言っています。Facebookで『#CashnipKitty』を検索してください。

この人たちの多くは、窓越しにこの猫と一緒に遊んでいます。彼らは私たちを悩ますことはありません。

ただ窓ガラスをちょっとノックして、猫に挨拶をしたいだけなんです。だから、このキャッシュニップが捕まえたお金を、タルサ・デイ・センターに寄付しようと考えました。

元ホームレスだった彼は今、

ホームレスの人々を救うために頑張っています。

もともとホームレスだった猫が会社の一員になり、

そんな猫が引き起こしたちょっとした事件から、

素晴らしい活動が始まることに。

驚きつつも心温まりますね。