わんちゃん

同じ家で暮らし、いつしか親友になったワンちゃんと亀の軌跡!

プカとロケット・ラリー

今回ご紹介するワンちゃんの「プカ」と、

亀の「ロケット・ラリー」は姿形こそ違えど、

強い絆で結ばれているのです。

先に飼い主さんと出会ったのは、

亀のロケット・ラリーでした。

他の飼い主さん飼われていましたが、

捨てられてしまったのです。

ロケット・ラリーが保護されてから2年後、

プカが新たに家族として迎え入れられました。

プカはそれまでホームレスの男性と、

路上で生活していました。

この男性の希望もあって、

現在飼い主さんが飼うことになりました。

プカは「口唇口蓋裂」という、

先天性の奇形を患っています。

しかし、

現在の飼い主さんたちはその障害を理解し、

一生支えることを決意しました。



一つ屋根の下

保護されたことがきっかけで、

ある日突然家族となった、

ロケット・ラリーとプカ。

悲しい境遇を背負う彼らは、

少しずつ心の距離を縮めていき、

共に支え合いながら一緒に成長しました。

大きくなった今でも、

彼らは片時もそばを離れようとしません。

寝る時はもちろん、

お出かけの時も彼らは一緒に行動します。

「ロケット・ラリーは時々家具の下に隠れることがありますが、そんな時はプカが誰よりも先に彼を見つけるんですよ。」

飼い主さんはこのように語ります。

お互いに心が通じ合っているのですね。

2匹は温かい家族と共に、

幸せな人生を歩んでいくことでしょう。