猫ちゃん

「これっぽっちも猫を抱きたいと思わない」と言う男性の家に子猫が来た結果・・・

みなしごの子猫たち

ある日地元のゴルフ場で、

母親のいない5匹の子猫を、

男性の妹さんが発見しました。

「妹は5匹の子猫を地元のゴルフコースで見つけました。そして、2日間も母猫が姿を見せなかったので、妹が子猫を保護して自宅に連れて帰ったのです。」

男性はこのように語ります。

しかし兄妹が子猫たちを父親に見せると、

次のような言葉が…。

「子猫を抱きたいとは、これっぽっちも思わない」

そう言って生後2週目になる、

小さな子猫たちから離れようとしました。

こちらのお宅は14歳の老猫を飼っており、

お父さんはこれ以上猫が増えるのが、

耐えられなかったようです。

しかしある日のこと、

驚きの光景が家族の目に映りました!

何とあれほど拒否していたお父さんが、

子猫と仲良く昼寝をしているではありませんか!



バーディー

猫嫌いのお父さんを虜にしたのは、

「バーディー」と名付けられた、

女の子の子猫です。

小さなバーディーはまだ乳飲み子でした。

家の中をヨチヨチと歩き回り、

母猫の温もりを探し求めていたそうです。

そこに昼寝をしていたお父さん。

バーディーはお父さんの上によじ登ると、

ノドを鳴らして昼寝をしたのです。

するとお父さんは、

今までの拒否反応が嘘のように、

いつもバーディーと一緒にいるようになりました。

一時的に保護した5匹の子猫は、

全て里子に出すつもりだったそうですが、

バーディーだけは手放せなくなったとのこと。

正式に家族として迎えられたバーディーは、

完全にお父さんの心を虜にしたようです。

3ヶ月経った今では家族の誰よりも、

一緒にいる時間が長いそうですよ。

バーディーは初めから、

お父さんが大好きだったようですね。

お父さんも毎日が、

楽しいのではないでしょうか?