猫ちゃん

へその緒が取れないで痛みに苦しんでいた子猫を救った魔法のアイテムとは?

へその緒が取れない子猫

今回ご紹介する子猫は名前を「セレーネ」と言い、

当時はまだ生後数日の赤ちゃんでした。

オレゴン州の路上にいる所を発見され、

地元の動物愛護団体に所属している、

シェルビーさんという人の手によって、

母猫と共に保護されました。

セレーネは小さくて未熟な体をしており、

母猫からは育児放棄されてしまいました。

しかし希望を捨てなかったシェルビーさんは、

セレーネを助けるため精一杯尽くすことを決意。

そんな中、セレーネには未熟な体以外に、

もう1つ大きな問題を抱えていました。

それは普通なら生後3〜4日で取れる、

へその緒が取れないという問題です。

しかしこの後、

彼女は魔法のアイテムによって救われるのです。

魔法のアイテム

「生後2週間半を過ぎてもセレーネのへその緒はついたままで、次第に付け根が裂けて真皮が露出した状態になりました。もしかしたら彼女は、へその緒の痛みにずっと耐えていたのかもしれません。」

シェルビーさんはこのように話します。

このままでは、

傷口がどんどん酷くなると考えたシェルビーさんは、

セレーネに「セーター」を着せました。

それはシェルビーさんが靴下を切って作った、

セレーネ用のセーターです。

シェルビーさんの愛情がこもったセーターに包まれ、

セレーネは安心した様子を見せています。

そのおかげか傷口も癒え、

順調に回復していきました。



その後のセレーネ

シェルビーさんの話によると、

セーターを着せてから数週間で、

セレーネは以前とは比べられないほど、

元気になったそうです。

その後はセレーネと別の日に保護されていた、

3匹の子猫たちとも仲良く遊ぶようになったとのこと。

その一方で避妊手術が施された母猫は、

施設で里親のお迎えが来るのを待っています。

「セレーネは順調に成長しており、体重もこの数週間で500g以上増えました。彼女ならきっとこの先も困難を乗り越え、更に愛らしくて立派な猫へと成長していくことでしょう。」

シェルビーさんはこう語っています。

セレーネがいつまでも元気よく、

幸せに暮らしていけると良いですね。