びっくり

2歳の娘を撮影した写真➡︎足元を見てみるととんでもない物体が…!

娘の足元に…

大自然を見つめる女の子の足元にご注目。

背景の枯草に紛れ込んでいて分かりにくいですが、

目を凝らしてよく見ると、

女の子に危険が迫っているのです。

女の子の両親を驚かせた正体は、

全長2m以上はあろう大蛇でした。

写真越しだとすぐに見つけることができましたが、

なぜ肉眼だと見つけられなかったのでしょうか?



原因

原因は2つあると言われています。

1つは大蛇が景色に溶け込んでいるから。

枯草色の体が、

バックの景色と同化しています。

長い身体は遺棄されたポールと重なり、

これまた同化しています。

この2つの偶然が合わさった結果、

肉眼では大蛇を捕らえることができなかった、

と考えられます。

2つ目は、

女の子の視線が空を向いているから。

女の子が大空を指さしています。

すると周囲の人たちは、

女の子の視線の先へ注意を向けます。

女の子の視線誘導により、

足元の大蛇に気づきにくくなるのです。

偶然取れた心霊写真よりも、

現実的で恐ろしい恐怖写真。

写真を現像した後、

女の子の両親はさぞかしぞっとしたでしょう。