猫ちゃん

出入り禁止になっても懲りない、スーパーを仕事場にしているような猫!

生鮮食品を扱っているスーパーマーケットは、

盲導犬以外の動物は出入り禁止なのが普通です。

ところが海外では、

スーパーで働いている猫もいるようです。

ちなみにその猫は、

店長や店のオーナーのペットではありません。

スーパーで働いているのは、

「オリー・オリバー」という名前の、

6歳になる茶トラの猫。

ロンドンに住むアダムさんという男性が、

生後6週の子猫の頃から飼っているそうですが、

寝心地の良い素敵なベッドがあるのに、

なぜかすぐ隣にあるスーパーに、

働きに行っているそうです。

懲りずに・・・

ロンドンのブローコリーにある、

スーパーマーケットに入り浸るオリー君。

警備員さんに追い出されても、

なぜか懲りずにやって来るのだとか。

警備だけではなく、

頼まれてもないのに商品管理もします。

「この棚空いているよ!」

と訴えているように見えますね。



お店の人気者

初めは追い出されていたオリー君ですが、

いつしかSNSでも人気者に。

この子を見るために、

お店に足を運ぶ人もいるそうです。

オリー君は気まぐれで、

お店に来るわけではなさそうです。

寒い木枯らしの日も出勤して来るそうです。

人気者で働き者のオリー君には、

皆勤賞をあげたいですね。

彼はこの辺りでは有名な名物猫で、

いくら出入り禁止にしても、

一向に聞く耳を持たないそうです。

これだけみんなに愛されれば、

幸福をもたらす猫として大切にして欲しいですね。