猫ちゃん

子猫とパパ猫の対決!?どうしても触れ合いたいパパ猫が近づくと・・・

とあるお宅で、

父猫が子猫達の様子を見守っていました。

父猫はなんとか可愛い子猫たちに近づき、

触れ合いたいと考えている様です。

一方の子猫たちはというと、

そんな父猫の事を気にしながらも、

自由に遊びたいようです。

父猫に対して気を許す事なく、

なかなか近づかせてくれません。

そんな微妙な距離感を埋めるべく、

父猫は手を差し出しましたが、

予想外の展開に見舞われることになります。

強気な子猫

可愛い我が子達と触れ合いたくて、

様子を見ている父猫。

しかし子猫たちは、

父猫と分かっているのかないのか、

近づくと少し警戒したような態度を取ります。

子猫達はまだ生後5週間しか経っていません。

まだまだ小さくてふわふわの子猫達。

そんな子猫を目の前に、

ミルクをあげる事のできる母親とは違い、

父親として子どもたちと、

どう触れ合って良いのか分からないのでしょう。

そして子ども達もまた、

同じ様に感じているのではないでしょうか?

しばらくして子猫は、

父猫が近づくと威嚇し始めました。

するとあろうことか、

父猫は少し怯んで腰が引けてしまったのです。

ガツンと父親らしいところを見せるのかと思いきや、

気の優しいお父さんだったようですね。



弱気な父猫

我が子に威嚇されながらも、

それでもやっぱり触れ合いたい…。

そんな切なる願いを叶えるため、

背後から近づきクンクンしてみます。

相手は父親なのに、

どうしてかここまで警戒心の強い子どもたち。

それでも父猫は勇気を出して、

「せ〜の、ちょん!」。

なんとか子猫に触れる事ができました!

やはり子猫たちは、

この自分より大きな猫が、

父猫だと理解していないのかもしれません。

父親としては少し寂しい気もしますが、

いずれちゃんと認識して仲の良い姿を、

見せてくれるのではないでしょうか?

そんな日が来るのを、

父猫も楽しみにしている事でしょう。