猫ちゃん

交通事故で死んだはずの猫が土の中で息を吹き返し、奇跡的に生き返る!

死んだはずの猫

『バート』という名前の猫は、

フロリダ州の路上で車に轢かれてしまいました。

大怪我を負い、

ピクリともしなくなったバートを見て、

飼い主の女性は死んでしまったと思い、

彼を土の中に埋めました。

ところがそれから5日後、

信じられないことが起こりました。

死んだとばかり思われていたバートが、

瀕死の状態で路上をさまよっているところを、

近所の人に発見されたのです。

住民の通報を受けて、

地元の動物愛護団体が動きました。

動物愛護団体のスタッフが駆けつけた時、

バートは事故の衝撃で顎の骨が曲がり、

目にも大きな傷を負っていました。

奇跡の生還

バートは土の中で息を吹き返すと、

少しずつ埋まっていた土をかき分けながら、

地上に這い上がってきたようでした。

発見された時はすでに事故から5日が経過し、

彼はひどく衰弱していました。

バートは愛護団体が運営する施設で、

目の治療を受けました。

治療を終えたバートは次第に元気を取り戻し、

数日後には自力で餌を食べられるまでになりました。

「私たちはバートが日に日に回復していく様子を見て、とてもうれしい気持ちになりました。彼は元気になると、頭を振りながら大声で元気になったことを知らせてくれたのです。」

愛護団体のスタッフはこう話しています。



奇跡の猫

このバートの身に起こった出来事は、

世界中のメディアに取り上げられました。

バートはいつの頃からか、

「奇跡の猫」と呼ばれるようになり、

施設にはバートを一目見ようと、

世界中から多くの人が押し寄せるようになりました。

現在バートは、

動物愛護団体に所属する女性に引き取られ、

そのお家で幸せに暮らしているそうです。

奇跡の生還を果たし、

自らの力で幸せを勝ち取ったバートは、

新しい家族と共にたくましく生き抜くことでしょう。

いつまでも幸せが続くように願ってやみません。