わんちゃん

「裁判所犬」として証人たちの不安を癒すワンちゃんたちが話題に!

裁判所犬

事件や事故の被害者や目撃者が証人となり、

裁判が行われる法廷で証言をする事は、

誰にとっても勇気が必要な事です。

「後で恨まれるのではないか」

「上手く話せるだろうか」

そのような不安を解消できないまま、

証言台に立つ人が多くいます。

そんな人々の不安な気持ちを落ち着かせ、

自信を持って証言台に立てるように、

証人たちを補助する役割のワンちゃん達が、

アメリカにいるそうです。

彼らは特別な訓練を受けており、

その仕事内容から「裁判所犬」と呼ばれ、

多くの裁判で活躍しています。

不安を癒す

裁判所犬の主な役割は、

不安な気持ちになっている証人の側で、

静かに寄り添い、

落ち着かない心を静めることです。

証人には性犯罪の被害に遭われた方や、

殺人事件の現場を目撃してしまった方、

息子さんを殺害された母親などです。

証言をする上で、

彼らは様々な不安を抱えています。

そんな彼らの心の負担を、

少しでも軽くするために、

優しい表情で裁判所犬は癒しを与えます。

他にも裁判所内を巡回して、

怪しい不審人物を見つけたら警備員を呼ぶ、

という仕事も任されています。



エリー

裁判所犬になれる犬種は盲導犬と同じく、

ゴールデン・レトリバーかラブラドール・レトリバーです。

特別な訓練を2年間受けた彼らは、

ようやく正式な裁判所犬として認められます。

初めて裁判所犬が生まれた2004年から、

今までに87匹の犬が訓練を受けた後、

アメリカの28州で活躍しているそうです。

2004年に初の裁判所犬となったエリーは、

今も現役で大活躍しています。

裁判所犬によってもたらされる効果は絶大で、

証人の血圧を下げたり、

不安を和らげたり、

といった事が確認されています。

彼らがもっと人々の注目を集め、

いずれ世界中の裁判所で活躍する事を願っています。