びっくり

『千と千尋の神隠し』でお父さんが食べてた物についてジブリに手紙を出したら・・・

千と千尋の神隠し

「千と千尋の神隠し」というジブリ映画の中で、

千尋の父親が食べていたプニプニしている料理の正体が、

台湾の「肉圓(バーワン)」だったと一時期ネットで話題になりました。

肉圓とは皮の中に豚肉などの含まれた餡がある食べ物で、

プルプルした肉まんのようなものです。

しかし作中のプニプニ料理には足みたいなものが生えており、

キャラが骨まで柔らかいと発言しています。

肉圓

本当にこの料理は肉圓なのでしょうか?

Twitterユーザーの@0910nonchaさんも同じ疑問を抱き、

ジブリに手紙で質問することに。

すると、想像以上に丁寧な返信が返ってきたのです。

ジブリからの返信

「特に明らかにされてはおらず、異世界にある不思議な上にすごくおいしそうな食べ物というようなことぐらいしか言えません」

「異世界へと迷いこんだ人間を待ち受ける為の罠と考えてもいいかも知れません」

手紙にはこのように綴られていました。

他には、両親がブタとなってしまったことについても、

バブル経済などといった現実の話と絡めて、

「喰らい尽くされる側」になった象徴として描かれている、

といった解説まで載っていました。


投稿者さんはあの謎の料理が肉圓じゃないと分かったことよりも、

スタジオジブリが返してくれた丁寧な返答に感激し、

今も大事に保管しているようです。



台湾の九份

ちなみに台湾の九份(ジューフェン)は、

日本から観光へ行くお客さんでいつも賑わっていますが、

『千と千尋の神隠し』のモデルである温泉街としてもその名は有名になりました。

しかし宮崎駿監督は、モデルとなった台湾に行った事すらないようなのです。

DSC_0147

つまりプニプニ料理は肉圓で、作品のモデルは台湾の九份といった話などは、

様々な噂話が断定的にあちこちへ伝わってしまっていたようです。

それにしてもスタジオジブリがファンに対して行った、

丁寧で親切な対応には感心いたしました。

『千と千尋の神隠し』を、じっくり見直してみましょう。