びっくり

出発が遅れて機内がピリピリ➡︎松山千春の粋な行動に拍手の渦!

飛行機の遅延

松山千春さんといえば、北海道を代表するシンガーソングライターです。

2017年8月20日のこと。

北海道の新千歳空港発大阪伊丹空港行の飛行機が、

1時間ほど出発が遅れることになりました。

理由は保安検査場の混雑によるもの。

丁寧な機内放送はされましたが、原因が原因なだけに機内はピリピリします。

長い間待たされ、かなりストレスを感じていた乗客のみなさんでしたが、

突然意外な機内放送が流れて来ました。

その声は、有名な松山千春さんの歌声。

乗客の中には、機長がモノマネしていると思った人もいたようです。

松山千春の粋な行動

北海道を拠点に活動している松山さんは、千歳空港を利用することが多いそうです。

そして、偶然にもこの便に乗り合わせていました。

待たされる乗客のみなさんがイライラする中、

松山さんは機内放送を利用して代表曲である

『大空と大地の中で』を1フレーズ披露したのです。

「みなさんのご旅行が、また、これからの人生が素晴らしいことをお祈りします。もう少し、お待ちください」

歌い終えた松山さんは一言、このように付け加えました。

松山さんの粋な対応でピリピリした空気は一変され、拍手の渦に包まれました。



サプライズ!

「機内で1時間近くまたされていましたが、一気にそんなことを忘れました」

とコメントしている投稿者さん。

このサプライズなエピソードを知った多くの人々からも、

感動したという旨の声があがりました。

ちなみに、場を和ませようとアナウンスマイクを取った松山さんは、

機長の了解を得てから歌ったそうです。

素敵なエピソードに心温まりますね。