猫ちゃん

保護した野良猫の親子、様子がおかしかったので外へ逃してみたら・・・

大家族

カナダのポートキットラムにある車庫で、母猫と子猫2匹の野良猫親子が保護されました。

その野良猫親子を保護した女性は、そのままこの親子を飼うつもりでした。

しかし、母猫の様子がなんだかおかしかったのです。

母猫だけが、

「私をここから出してほしいの」と訴えかけるような瞳で、彼女を見つめていたそうです。

「そんなに外に出たいのなら…」と、

女性は親猫を外へ逃がして子猫たちだけが女性の家に残りました。

しばらくすると、母猫は5匹の子猫と一緒に女性の家に戻ってきたのです!

実は大家族のお母さんだった母猫は、

外に置いてきてしまった子猫たちが心配で一度外へ戻っていったのでした。

そんな母猫が連れて来た子猫たちの中には、少し問題を抱えている子もいました。

3本しかない足

野良猫の大家族は、バンクーバーにある動物救護団体に引き取られることになりました。

そこで母猫を含めた8匹の猫を診察すると、

1匹の子猫に異変があることに気が付きました。

この子猫だけが背中にケガをしていて、さらに足も3本しかない状態だったのです。

ケガを放置されて感染症を起こしてしまい、

足が1本なくなってしまった可能性が高いと救護団体のスタッフは言います。

3本足の子猫にはロング・ジョン・シルバーという名前が付けられました。

この名前は、ある小説の登場人物の名前だそうです。



元気な3本足の猫

しかしながら、3本足でもロング・ジョン・シルバーはとっても元気です。

彼の回復力はとても早かった為、3本足での歩行練習をいち早く始めたそうです。

現在の彼や家族の様子は、動物救護団体「VOKRA」のFacebookで見ることができます。

母猫の子ども思いの行動から、ロング・ジョン・シルバーを含めた7匹の子猫たちは、

無事に救護団体へ誰一人かけることなく保護されました。

この猫の大家族がみんな一緒に引き取られ、

ずっと家族そろって幸せに暮らしていけるとステキですよね。