わんちゃん

保護施設のワンちゃんによる暴力事件!みんなが笑顔になった逮捕理由とは?

暴力事件

アメリカのウィスコンシン州で活動する

「フォックスバレー動物愛護協会」は1891年に設立され、

行き場の無い動物を保護しつつ里親募集をしている施設です。

そんな歴史ある施設で2017年7月8日、ある恐ろしい事件が発生してしまいました。

施設に保護されている「ハンク」が、

友人のファジー・パープル・ヒッポさんに突如として暴力を振るったのです!


心の叫びが届いたスタッフが、事件現場に駆け付けました。

すると、ハンクは悪びれた様子もなくこちらを見つめていたのです。

そして、彼の横には無残な姿の被害者がぐったりとしていました。

そしてハンクは現行犯逮捕。

ファジーは緊急手術が急がれます。

ハンクの犯行動機は何なのか?

そして、友人のファジーは助かるのでしょうか…?

心の傷

頭の綿がほとんど引き抜かれた状態です。

取れかけた首の部分を医師が丁寧に手術をしています。

「もう、ハンクには会いたくありません…」

と、カウセリングの女性に泣きながら語るファジーの姿は痛々しいです。


一命は取り止めたものの、添い寝をしていつも一緒に生活していたハンクに、

突然暴力を振るわれたファジーの心は傷ついたままです。

この事件について、ハンク側の取り調べは進んでいるのでしょうか。

黙秘

「いい加減にしろ!正直に吐いたらどうだ!?」

刑事による厳しい尋問にも、一向に口を割らないハンク…。

容疑者が自供をしないのであれば、現場の証拠だけが頼りです。


この事件については、

アップルトン警察のトーマスさんと相棒のK9ブルーが現場検証を行いました。


黙秘を続けるハンクは、裁判に向けて弁護士と打ち合わせ中です。

さて、二度と会いたくないというファジーと何も語らないハンク。

裁判の行方はどうなるのでしょうか…?



ジョーク

実はこの物語、保護施設が仕掛けたジョークです。

ハンクがファジーを壊したのは事実ですが、

わんぱくなワンちゃんの行動を『リアルな事件風』にして投稿したのです。

保護施設の投稿には、多くのコメントが寄せられました。

・ハンクが無実だと信じてるよ

・続きが気になる

・今まで見た刑事ドラマで一番最高!

・なぜか笑顔になってしまう

裁判の結果が気になりますが、「この気の毒な子を引き取って」というだけではない、

フォックスバレー保護協会のアピール方法は見事ですね。