びっくり

製氷皿には水以外も入れられる!目からウロコな活用法6選がこちら・・・

製氷皿は氷を作るだけだと思っていませんか?

全ての食品が冷凍保存できるわけではありませんが、

食品を小分けに冷凍することで必要な時に使いたい量だけ使用できます。

1、レモンやオレンジ

柑橘系のフルーツをスライスするかみじん切りにして、

マフィン型や製氷皿に水を加えて凍らせます。

Lemon and Mint Ice Cubes

それをカクテルやジュースなど、アイスキューブに使います。

ミントを加えると彩りもよくオシャレになります。

2、ブドウ

白ワインやロゼを冷やすのにお勧めなのが、凍らせたブドウです。

冷やし忘れたワインに氷を入れるわけにもいきません。

そんな時、見た目もオシャレで涼し気な氷ブドウは素敵なアイデアですね。

3、ケチャップ・トマトソース

パスタやピザなど用途の多いケチャップですが、

使い切れずに捨ててしまうこともあるのではないでしょうか?

使い切れないケチャップやトマトソースは製氷皿で凍らせ、

使う時に必要な分だけ取り出して使うことが出来ます。



4、卵

卵の安売りでつい買いすぎてしまったことはありませんか?

使い切れない時には、冷凍をお勧めします。

普段使っている量で溶き卵を作り、小分けにすると便利です。

まずは、卵を極力泡立てないように混ぜます。

ミキサーは「弱」で使用します。

解いた卵をフリーザーバッグに入れて空気を抜いて閉じ、冷凍庫に入れて保存します。

製氷皿やマフィン型では、少量凍らせることができます。

また、使用する場合は袋などから取り出して軽く混ぜるか、袋をお湯につけて解凍します。

5、フレッシュハーブ

使い切れなかったフレッシュハーブも冷凍保存できます。

刻んだハーブを製氷皿に入れ、オリーブオイルを加えて冷凍します。

使う時は直接アイスキューブをフライパンに入れ、肉や魚を焼く時に使用します。

6、お湯

最後に、オシャレで驚きの氷をご紹介します。

お湯を凍らせることで、透明で美しい氷を作ることができます。

キレイな鍋に水をいれてフタをし、お湯を湧かします。

沸騰したら冷まして再び湧かします。

2度湧かして冷めたお湯を製氷皿に入れて凍らせると、透明な氷ができます。

Dandelion 423

氷が砕けないように、柔らかいシリコン製のトレイや製氷皿がお勧めです。

花を入れて凍らせると、とても美しいですね。

暑い夏はまだまだ続きますが、製氷皿で小分けに食品を凍らせて夏を乗り切りましょう。

また、独自で凍らせる食品を発見するのも楽しいかもしれませんね。