猫ちゃん

丸太の下で動けずにいた子猫が近くで暮らすワンちゃんに奇跡的に救われる!

丸太の下の子猫

オピーというワンちゃんの飼い主さんであるリアさんは、

アパートの裏にある敷地で生まれたばかりの子猫を発見します。

その時、子猫は丸太の下で身動きが取れない状態でした。

そして小さな体には、大量のウジ虫が付着していたのです。

発見した時、リアさんはオピーと散歩していました。

すると、オピーが突然何かに気付いて丸太に駆け寄り、側を離れようとしないのです。

異変を感じてリアさんが丸太の下を覗いてみると、

そこには産まれて間もない子猫がいたとのこと。

リアさんは自宅に連れて帰り、子猫の身体を綺麗にしてあげました。

そして、近くの動物病院へと急いで向かいます。



元気なラスコー

瀕死の状態でありながらも懸命に生きようとする子猫を、

リアさんは寝る間も惜しんでお世話をしました。

そして元気になった子猫にラスコーと名前をつけ、家族の一員として迎えたのです。

ラスコーを発見したオピーも、まるで我が子のように可愛がります。

保護から1週間後には見違えるほど元気になり、

日がたつほどに可愛らしい猫に成長しました。

家には2匹のワンちゃんが一緒に暮らしていますが、彼らもラスコーを気に入り、

家族の一員として受け入れてくれたそうです。

オピーが見つけてくれなかったら、ラスコーはもう生きていなかったかもしれません。

オピーというワンちゃんが、1つの小さな命を救ったのです。

ラスコーが優しい飼い主さんと、側にいてくれる仲間と共に、

いつまでも幸せに暮らせるように願っています。