びっくり

時間もお金も節約!沸騰したお湯を使わずにパスタを茹でる方法とは?

パスタといえば、大きな鍋にたっぷりのお湯を沸かして茹であげるのが常識です。

茹でたては美味しいですが、特に暑い夏には敬遠してしまいがちではないでしょうか?

パスタ自体は8分ほどで茹で上がりますが、

その前に沸騰したお湯を用意しなければなりません。

パスタソースも含めて、意外と時間がかかるものですよね。

そんなパスタを、沸騰したお湯を使うことなく作り、

時間もお金も節約する方法をご紹介します。

時短と節約

大きめのフライパンに乾燥パスタを入れて、水をひたひたになるまで入れます。

水は熱いお湯と違って、麺と麺がくっつくということがありません。

さらにお湯を沸騰させる時間を待つ必要もなく、水の量も少ないので、

その分時間が少なくて省エネになります。

麺が茹で上がったら、残りの茹で汁はパスタソースのベースとして使えます。

材料を全てパスタと一緒に入れてしまえば、ワンポットパスタも可能です。

こうすれば、鍋も一つで済みますね。

洗い物も少なくなって手間が省けそうです。

茹で時間を短縮して気軽にパスタを食べましょう。



ネットの反応

この調理方法に対し、ネット上では多くのコメントが寄せられました。

・これは目からウロコ!

・イタリア人にも教えてあげたいw

・ヘェ〜、やってみよ

ぜひ試してみてくださいね。