わんちゃん

老犬が若々しく大変身!動物の保護施設を渡り歩く男性の試みとは?

マークさんの仕事

ニューヨークに住むマークさんは市内の動物保護施設を渡り歩き、

無償でワンちゃんのトリミングを買って出ています。

彼がその『仕事』をするようになったのは、彼の婚約者の一言がきっかけでした。

「やりがいがあり、一生懸命取り組める仕事を探してみてはどうだろうか」

彼は、彼女のこの言葉に心を動かされたと言います。

もっと自分が熱心になれる仕事はないか、悩んだ末にあることを思い出しました。

それは動物好きな彼が、保護施設からワンちゃんを引き取った際のこと。

そのワンちゃんの毛がボサボサに伸びて、かわいい顔が隠れてしまっていたことでした。

「これだ!」とマークさんは思いました。

保護施設で暮らしているワンちゃんの身なりを整えてあげれば、

もっと多くの里親が見つかるのではないかと閃いたのです。

マークさんはその後、保護施設を訪ねてはワンちゃんの毛を切ったり、

お風呂に入れたりというボランティア活動をすることになりました。

若々しく大変身

マークさんの担当は長年保護施設で暮らし、年老いたワンちゃんのトリミングです。

老犬は里親が見つかることがあまりなく、一生保護施設で暮らす場合もあります。

マークさんはそんなワンちゃんたちを少しでも若々しく見栄えの良いようにし、

施設を訪れる人々の目に止まるように、無償でトリミングをしているのです。

いかがですか?

画像を見比べれば一目瞭然でしょう。

カットする前と後では、随分ワンちゃんの印象も変わるものですね。

顔が全く見えないのでは、せっかくの愛らしさも台無しです。



多くのワンちゃんが幸福に

毛をカットしてさっぱりすると、ワンちゃんの立ち居振舞いも違ってくるそうです。

大多数のワンちゃんが、表情に自信を取り戻したような力強さが戻ってくるのです。

どんなワンちゃんでもトリミングを施されることで、見違えるように変化するとのこと。

「私はこの活動を続けることでより多くのワンちゃんが里親を見つけ、より多くの人々に笑顔を与えることに繋がると信じています」

マークさんは笑顔でこう語ります。

多くのワンちゃんが新しい里親さんのもとで、

幸福な暮らしができるようにして欲しいですね。