泣ける

消化活動を終えて食事をしていた消防士たちが店員から聞いた衝撃の事実!

大規模な火災後

2017年7月8日、

アメリカのカリフォルニア州ラ・ローマ・ヒルズで大規模な火災が発生しました。

その消火活動には、数多くの消防車やヘリコプターが出動し、

総勢100人という大人数の消防士が消火活動にあたりました。

その後、消防士たちは無事に任務を終え、

25人が夕食をとるために近くのファミリーレストランに行くことになりました。

ワイワイ楽しく食事をとっていた彼らを、ある女性が見ていました。

そしてその女性は店員に、そっとあることを言ったのです。

消防士の食事代

「私に、あの方たちの食事代を支払わせてください。」

女性は店員にこう言いました。

25人分の食事代しめて405ドル、日本円にして約4万円を支払いたいということでした。

しかも100ドル(8人分約1万円)で、25人分のデザートまでつけたのです。

その女性はお金を支払うと、名前を告げることなくその場を去っていきました。

食事を終えた消防士たちは、それを聞いてとても驚きました。



感謝の気持ち

この出来事を消防署の『コルトンファイア』はFacebookに投稿し、こう書き込みました。

「皆さんの協力に、心から感謝します。私たちは、地域の皆さんのために働けることを光栄に思います」

日頃から消防士たちは、命をかけて消火活動に当たっています。

大規模な火災となれば、命の危険と常に隣り合わせだったことでしょう

そんな危険も顧みず、勇敢に炎と戦った消防士たち。

そんな彼らに、女性は感謝の念を抱かずにはいられなかったのだと思います。

町のために戦ってくれる消防士たちに、そんな気持ちを伝えたかったのでしょう。

女性の消防士たちに対する感謝と思いやりの心が伝わる、素敵なエピソードですね。