わんちゃん

ガン治療を拒否してワンちゃんとの旅を選択した90歳のおばあさんの生き様!

90歳のおばあちゃん

お医者さんからガンであることを告げられた時、

90歳のノーマさんははっきりと言いました。

「私は90歳よ。これから旅に出るわ。化学的な治療を受けてもあと何年生きられるか分からない。なら死ぬまで楽しんで生きたいわ。」

彼女は息子のティムさんとその奥様であるラミーさんと一緒に、

キャンピングカーで全米を回る旅に出かけました。

その旅には、ティムさん夫婦の愛犬もついていくことになりました。

8歳のプードル犬で、名前は「リンゴ」と言います。

ティムさんの奥様であるラミーさんは、このように話しています。

「リンゴは私たちの旅になくてはならない存在です。もしリンゴがいなければ、この旅は全く違うものになってしまっていたでしょうね。」

どんな場所へ行っても、リンゴはノーマさんの側でじっとしていました。

猫好きだったノーマさん

実はノーマさん、どちらかというと猫好きの人でした。

長く飼っていたペットも猫で、2年前に亡くなったばかりです。

しかしそんな猫派のノーマさんが、なぜかリンゴとは意気投合したようです。

乗り物が大好きなリンゴのお気に入りは、

ノーマさんの車いすに乗り運んでもらうことです。

「リンゴを車いすに乗せて歩いていた時、それを見た人たちはリンゴの足が不自由だと思ったようなの。『車いすのおかげで散歩ができて良かったね』という感じで見られたわ。そしてその後、リンゴがピョンと車いすから飛び降りたら近くに居た女性が、『歩けるのね!奇跡が起きたんだわ!』と大喜びしてくれたの。」

とノーマさんが話しています。



笑いの絶えない旅

リンゴのおかげで、ノーマさんの旅は笑いの絶えないものとなりました。

ティムさん夫妻がいない時は、

リンゴがノーマさんから離れることなくずっとそばにいてくれます。

ノーマさんも自分を守ってくれようとしている、

優しいリンゴと過ごす時間をとても楽しんでいます。

ノーマさんたちは、たまに自宅に帰って休憩の時間をとります。

そしてまたキャンピングカーで旅に出る、といったことを繰り返しています。

ガンであることを感じさせない明るくパワフルな性格のノーマさん。

生き生きとした表情をしていますね。

これからもずっとノーマさんの旅を応援しています。