猫ちゃん

突然変異で生まれたとても貴重な猫「ライコイ」が保護される!

新種「ライコイ」

南アフリカ共和国の首都ケープタウンで、とても珍しい猫が保護されました。

猫は「エヨーナ」と名付けられましたが、地元の動物保護団体

「TEARS Animal Rescue(ティアーズ・アニマル・レスキュー)」では、

この猫は「デボンレックス」か「スフィンクス」だと考えられていました。

しかしDNA検査をしたところ、ライコイという珍しい品種の猫だったことが発覚します。

狼男のような風貌をしていることから、

ギリシャ語で狼を意味する「ライコイ」という名前がつけられました。

2012年に新品種として認定されたばかりで、

南アフリカでライコイが見つかったのはこの時が初めてとされます。

世界的に見ても、品種改良されずにライコイが生まれたのは35例しかありません。

施設のスタッフによると、なぜライコイが狼のような風貌なのかは分からないものの、

彼らは一般的な母猫から非常に低い確率で生まれる突然変異体なのだそうです。



現在のエヨーナ

エヨーナは現在、

愛護団体に所属する方の家でたくさんの猫に囲まれながら暮らしているそうです。

興味本位に品種改良する人の手に渡らなくてよかったですね。

エヨーナは自分のペースで、新しい生活に少しずつ順応しているとのこと。

保護した男性によると、家に来た当初は警戒していたものの、今ではベッドで眠ったり、

お気に入りのオモチャで遊んだりして楽しく暮らしているそうです。

男性は今後も家族として、ずっとエヨーナの面倒を見ると話します。

心優しい男性の家で、猫たちと一緒に幸せに暮らしてほしいですね。