わんちゃん

世界一美しいワンちゃんの人生を大きく変えた1枚の写真!

オーストラリアで暮らすアフガン・ハウンドの飼い主であるルーク・カヴァナーさんは、

愛犬の美しさを多くの人に知ってもらうため、SNSに写真を投稿しました。

名前はティーと言い、その美しさを自慢せずにはいられませんでした。

黒くて美しいこの長い毛並みが、多くの人を魅了すると自信があったからです。

ペットを飼っている人であれば、自分のペットの可愛さを自慢したいと思う、

ルークさんの気持ちが理解できるのではないでしょうか?

ティーの美しさを自慢したSNSの投稿は、世界中の人の目に留まりました。

そんなある日、ティーの人生が大きく変わる出来事が起きました。

予想以上の反響

美しいティーの写真は、瞬く間に世界中に広がりました。

100万人以上の人がティーの写真をシェアし、想像をはるかに超える反響に、

飼い主のルークさんも驚きを隠せませんでした。

また、ティーの美しさに魅了されたのは、一般の方だけではありませんでした。

様々な業界の人の目に留まり、モデル犬としてその後華々しいデビューを果たしたのです。

ティーは高級ペットフードでおなじみの、ロイヤルカナンのマスコットに採用されたり、

ワンちゃん用の香水メーカーからのイベント出演のオファーが来たりと、

「正直ぶったまげた」とルークさんが述べるほど活躍しました。



引退という選択

ただ自分のペットを自慢しようと軽い気持ちで載せた、

1枚の写真がこんなにも反響を呼び、ティーや自身の人生を大きく変えることになるとは、

ルークさんも夢にも思っていなかったでしょう。

ショードッグとして多くの仕事をこなしてきたティーですが、

その美しさを保つためには膨大な時間と費用が掛かります。

そして、ルークさんは二児の父親でもあり、一家を支えて行かなければなりません。

そのため、ティーにばかり時間を費やすことができないと判断し、

ティーをショービジネスから引退させることにしました。

その後のティー

ショービジネスから引退したティーですが、その美しさは今も健在です。

週末に人ごみを散歩していると、ティーの美しさに多くの人が目を奪われているそうです。

その時、ティーはその視線に気が付いていないふりをするそうですが、

実は見られることが大好きなティーはまんざらでもないそうです。

そんなティーの姿を、「まるでスーパーモデルのようだ」とルークさんは言います。

ティーとルークさんは強い絆で結ばれており、

ふたりはこれからも素晴らしい人生をことでしょう。