泣ける

「どれがお父さんの運転でしょう?」多くの人が涙した目隠し実験の結果!

お父さんの運転はどれ?

「目隠しした子供が、お父さんの運転を当てられるか?」

という実験が行われました。

実験者は『タクシー運転手』『お父さん』『初心者』

の3人のドライバーが運転する車の助手席に、目隠しをして乗ります。

ヒントを与えないように、消臭と消音を徹底させたフェアなルールのもとで行われました。

目隠しをした子供たちは、それぞれが父親との思い出を語ります。

「歩いて5分くらいですがいつも車で送ってくれた。」

「優しい運転で、静かに止まってくれる。」

そしていざ実験が始まると、乗ってすぐに「わかりました」と答えた方も。

ただ座っているだけで、父親の運転を感じ取ることができるようです。



実験結果

何と今回の実験で正解したのは、100組中70組という結果に!

言葉で表現出来なくても、体感的に父親の運転を確信したそうです。

この企画は「ECLIPSE(イクリプス)」という、

カーナビ・ドライブレコーダーのブランドが行いました。

「車に乗る人すべてに安心を感じてもらいたい」という思いで公開されたそうです。

子供を守るために安全を心がけているお父さんの運転は、

自然と子供たちに伝わっていたようです。

これを機に、もう一度お父さんの運転でドライブに行ってみてはいかがですか?