猫ちゃん

路上でライムを売るホームレスは猫たちを守る英雄!稼いだお金は・・・

ライムで稼いだお金の行方

タイで暮らしているワランヤさんは、

ある日路上でルーン・ダムさんと言うホームレスに出会いました。

彼は無料で譲ってもらったライムを、

「ライム一袋20バーツ(約64円)。売り上げは野良猫の餌代として使います」

と書かれた看板をもって販売していました。

そして、稼いだお金で必要最低限の食糧と水を買い、

残ったお金は野良猫のために使っていました。

タイでは20バーツあれば2リットルの水やパンを買うことができますが、

ダムさんは迷うことなくキャットフードを買います。

その理由を次のように語っています。

「私は朝食や夕食を食べない日があっても平気ですが、猫は毎日エサを必要としています」



優しさの輪

ワランヤさんはダムさんの活動に感銘を受け、

自身のFacebookで彼の活動を紹介しました。

彼女の投稿は瞬く間に広まり、彼を支援する人がたくさん現れたのです。

ダムさんの活動を支援する人々は、彼にキャットフードをプレゼントしました。

そのキャットフードを受け取ったダムさんは、とびっきりの笑顔で喜びました。

支援者の中にはダムさんの髪を切ったり服をプレゼントしたりと、

彼自身のためのものをプレゼントする人もいました。

周りの環境が変化しても、ダムさんは野良猫のためにライムを売り続けています。

彼は自分よりもか弱い猫たちを助ける英雄として、タイの有名人となったのです。

ダムさんの活動から「外見で人の内面を知ることはできない」

とワランヤさんをはじめ、多くの人が教えられました。

ダムさんは次のように語ります。

「外見はさほど重要ではなく、人の価値はその日、どれだけ良いことをしたかで決まる」