びっくり

アンパンマンのキャラクターに隠されたある共通点が話題に!

アンパンマンのキャラクター

やなせたかしさん原作の『それいけ!アンパンマン』。

多くの人々が子供の頃に見たことがあると思います。

原作者のやなせさんは2013年の10月13日に94歳でこの世を去りましたが、

今もなおテレビでアニメは放送され続けています。

そんなアンパンマンのキャラクターに、ある共通点があったことをご存知ですか?


実は食べ物をモチーフとしているキャラクターには、全員「舌」がないのです。

これについては様々な説が上がっており、『舌がない=生き物ではない』ゆえに

「生きていないから死ぬことはない。というやなせさんからの優しいメッセージ」

という考えや、「食べられる側」であり「食べる側」ではない、

という意図が込められているのではという考えなどが提唱されています。



舌の真相

一方で過去に放送されたワンカットの中に、

クリスマスの準備をしているメロンパンナちゃんが舌をペロッと出していたり、

カレーの仕込みで味見をするカレーパンマンに舌があるシーンがあることから、

それらの説は違うのではないかという意見もあります。

他にも、アニメの設定資料では舌が描いてあるアンパンマンと共に、

“舌は無い”という記載があるという事を発見した方もいました。

もしかしたら、舌のように見えてそうではないのかもしれません。

いずれにせよ、舌があるキャラとないキャラというのを、

意識して作っているというのは明確なようです。

とはいえ、すでにやなせさんはこの世にいないため、真相は分かりそうもないでしょう。

この共通点、あなたはどのように考えますか?