びっくり

「何これスゲェ」先生を驚嘆させた、高校1年生が授業で作ったモノがこちら!

からくり箱?

Twitterユーザーの@reach lukukuさんが、

高校1年生の時に授業の中で作った作品を公開して話題になりました。

その作品は先生をも驚かされるほどのクオリティだったそうです。

作品は、複数の板を重ねて作った物のようです。

どんな構造かあなたは分かるでしょうか?


フタとなる部分に出っ張りがついていて、

本体のくぼみとうまく合わないと開かない仕組みとなっています。

フタになる2枚の板についた印を合わせると、

出っ張りとくぼみが噛み合ってフタが開くのです。

こんな『からくり箱』を高校生が作ってしまうなんて、「すごい!」の一言です。



ネットの反応

動物の入れ物などのデザインができないからといって、

ここまでの作品を作った投稿者さんは、天才としか言いようがありません。

この作品には、様々なコメントが寄せられていました。

・こんなの絶対思いつかない!すごい・・・

・オーパーツみたい!うらやましい技術と発想力です・・・

・これだけすごいものを提出されたら先生は最高評価をつけるしかないのでは…?

なかなか満点をつけることがないという工芸の先生ですが、

この作品は文句なしの満点だったようです。

まるで『職人』のようなクオリテイの高さは、高校1年とは思えないものがありますね。