泣ける

違反を承知のうえで瀕死の子熊を助け出した男性に世界中から称賛の声!

瀕死の子熊

アメリカに住む写真家のコーレイ・ハンコックさんはある日、

オレゴン州でハイキングを楽しんでいました。

そんな時、目は半開きで仰向けに倒れ、雨でびしょ濡れで固まっていた、

瀕死状態の子熊を見つけました。

オレゴン州の州法では、熊を生息圏外に持ち出す事は禁止されています。

しかしコーレイさんは、今にも息絶えようとしている子熊と自分の子供の姿が重なり、

見捨てることができませんでした。

動物病院へ

絶対にこの子熊を救うと強く心に決めたコーレイさんは、

瀕死の子熊を抱えて車に乗り込みました。

車の中で子熊に人口呼吸を行ない、近くの動物病院へ。

動物病院に運び込んだ時には、

子熊はいつ死んでもおかしくないほど衰弱しきっていましたが、

治療のおかげで少しずつ回復していきました。



称賛の声続々

州法を犯したコーレイさんですが、

通常では65万円以下の罰金、あるいは1年以下の懲役が科せられます。

これを承知の上で、目の前で瀕死の状態だった子熊を救ったコーレイさんに対し、

称賛の声が多く寄せられました。

また、オレゴン州警察も状況を考慮し、

コーレイさんの行為は罪に問わないことにしました。

目の前で命が絶えるのを何もしないで見るのは、あまりにもつらいことです。

コーレイさんの勇気ある決断と行動に、心からの称賛を惜しみません。