びっくり

お腹が空いている時にお白湯を飲むと体に3つの変化が起きる!

1日に必要な水分

水は生物にとって最も大切なものです。

食べ物がなくとも多少の日数は生きていけますが、水が無ければ生きてはいけません。

もし水分を失えば集中力は欠け、肌はカサカサの乾燥肌になり、

血はドロドロになっていきます。

人はどのくらい水を飲めば良いのでしょう?

水は喉の乾き具合と体重によって、飲む量を決めると良いようです。


一般的には体重1kgに対して、約30mlの水を飲むのが良いそうです。

つまり、体重が70kgの人は約2リットルの水が1日に必要ということになります。

もちろん気温や汗のかきかたによっても違いがあるでしょうから、

喉が渇いたらいつでも水を飲むようにしましょう。

水分補給というと普通の水を飲む場合が殆どですが、

実は白湯を飲むのが良いとされています。

代謝と脂質の分解

朝の空腹時に白湯を飲むと、代謝の働きがとても良くなるのです。

白湯だけでは味が物足りないのであれば、

レモンスライスを加えてみても良いでしょう。

カロリーを消費することなく代謝機能が働き始めます。


また、白湯は食事の脂質の分解を助けてくれます。

毎日決まった時間に白湯を飲めば、長期的にみると消化器官に効果が出るのです。

白湯は穏やかに体に効いて、解毒作用を促してくれます。

汗や排泄物を通して体は浄化されていきます。



解毒作用と健康維持

体内にある有害物質も排出されるので、体の汚染を防ぐ効果があります。

レモンを加えるとビタミンCが摂れるのでなお良いでしょう。

暖かい水は血行をよくします。

筋肉の緊張をほぐすので生理痛にも効くのです。


また沸騰した水は病原菌が少ないので、体の自己防衛機能を高める効果もあります。

健康維持にも白湯は大きな役割を担っているのです。

こう考えてみると、白湯には体に嬉しい効能があるのですね。

水は不思議な力で、人の体に生命力を与えてくれているのですね。