わんちゃん

ピザの配達中に迷い犬を発見した男性!選ぶべきは仕事か、ワンちゃんの命か?

アメリカのモンタナ州で、

ピザの配達員をしているスティーヴン・ドノヴァンさんはある日、

配達中に通りを走り抜ける1匹のワンちゃんを発見しました。

大通りで交通量の激しい中をそのワンちゃんは走っていました。

それを見て、スティーヴンさんはそのワンちゃんを助けようと、

いてもたってもいられなくなりました。

しかし一方で、寄り道をしていたら配達が遅くなってしまいます。

彼が選んだのは仕事か、それともワンちゃんの命か?

配達員の選択

そのワンちゃんは、危なっかしい感じでウロウロしていました。

そしてスティーヴンさんは、クビを覚悟でワンちゃんを救助することに。

無事にワンちゃんを保護し、配達のために乗っていた車に乗せました。

ワンちゃんの首には迷子札があったので、名前と住所はすぐにわかりました。

そのワンちゃんの名前はスニッカーズと言い、

迷子札に書かれた住所は保護された場所から数km離れていました。

早く飼い主さんのところに届けなければと思いましたが、

彼はピザを配達している真っ最中でした。



まずは配達

スティーヴンさんはスニッカーズを車に乗せたまま、

お客さんのもとへ大急ぎでピザを運びました。

車にスニッカーズを待たせて配達を済ませると、

遅れた理由をお客さんに正直に説明しました。

するとお客さんは文句を言うどころか、

とても心温まる話だと言ってくれたのです。

しかし一方で、会社はなんと思うでしょう?

もはや、彼はこのことでクビになっても構わないと思いました。

スニッカーズとのその後

配達を終えたスティーヴンさんは、

迷子札に書かれていた住所に向かいました。

迷子札の住所に近づくと、

スニッカーズは尻尾を振って嬉しそうにしていました。

ところがスニッカーズの家族は、

最近引っ越しをしてもうこの場所には住んでいなかったのです。

しかし親切な近所の人が、スニッカーズを預かると言ってくれました。

クビを覚悟した心優しいスティーヴンさんのおかげで、

スニッカーズは怪我もせず飼い主の元へ帰ることができました。