かわいい

警察官との相席を申し出た3歳の少女!その優しさに多くの人がほっこり・・・

警察官と少女の相席

マサチューセッツ州のヒンガム警察署に勤務する、

巡査部長のスティーブン・ディアースさんが、

食事を取ろうとレストランに立ち寄った時のこと。

オーダーをしようと列に並んでいると、

こちらに向かって笑顔で手を振っている女の子がいました。

家族と食事をしていた女の子は、「お話をしてきたら」と父親に促され、

ディアースさんのところへゆっくりと歩いてきました。

その女の子の名前はリリアンちゃんと言いました。

リリアンちゃんはディアースさんとお話をして、

警官バッジのステッカーをもらって笑顔で家族のもとへ帰って行きました。

警官からのお礼

その後ディアースさんが1人で食事をしていると、またリリアンちゃんがやってきました。

リリアンちゃんはディアースさんの向かい側に座ると、

「私も大きくなったら警察官になりたいの」と将来の夢を語りました。

どうやらリリアンちゃんは、

ディアースさんが1人で食事をしているのをさみしいのだと感じ取ったようです。

そこで、話し相手になってあげようと席に着いたのでした。

ディアースさんはリリアンちゃんの優しさに感動し、

食事が終わると外に停めてあったパトカーをリリアンちゃんに見せました。

そして後日、リリアンちゃん一家を警察署に招待しました。



ネットの反応

このエピソードはネット上で大きな反響を呼び、様々なコメントが寄せられました。

・なんて素敵なお話!

・こんな優しい子を育てたご両親も素敵な人に違いない

・いつだってこんな風に、子どもたちが良い変化を起こしていくんだ

ディアースさんはリリアンちゃんと過ごした時間について、

「あれは今までで最も素晴らしいディナー体験だった」

と笑顔で振り返っています。

リリアンちゃんはきっと優しい大人になることでしょう。