泣ける

突然光った終電後のパネル!定年退職した駅長はその光景に思わず涙・・・

区長へのサプライズ

東京メトロ日比谷線で駅長として働いていた石山浩治区長が、

2017年3月をもって定年退職を迎えることに。

そこで社員のみなさんが石山区長に、感謝を込めてあるサプライズを計画しました。

終電後の駅で石山区長が最終チェックをしていると、

突然駅の中にあるたくさんのモニターに灯りがともります。

そこに映し出されたのは、石山区長と共に働いてきた仲間たちの姿。

おどけた表情の人、笑顔で敬礼している人、

それぞれが感謝のメッセージを掲げてパネルに映し出されます。

初めは驚いて笑っていた石山区長の目には、涙があふれてきました。



人に思われる幸せ

メッセージが終わると、続々と社員の方々が笑顔で集まってきました。

そして、感謝の花束が石山区長に手渡されます。

「本当の幸せは“物や金ではなく、人に思われるのが幸せ。人は宝ですね。”退職後も出会う人を大切にしていきます」

人柄がにじみ出ている感謝の言葉です。

石山区長にとって、一生忘れられないサプライズになったことでしょう。