猫ちゃん

コメディアンが里親募集のために作ったユニークな張り紙の発想力に脱帽!

猫の紹介文

アメリカでの少し変わった里親募集を目的とする、猫の紹介文が話題になりました。

ロサンゼルスに住むコメディアン、

ジェフ・ウィザスキーさんはシェルターで保護されている猫達を救うため、

ユニークな猫の紹介文を作り、

里親探しを始めました。

例えばレッチェという名前の猫。

好きなことは、社交的であることです。

嫌いなことは、貧富間の所得格差の拡大が中産階級の没落を招いていることです。

人の意表を突くことでシェルターで保護されている猫がいることを、

人々に印象づけることができるとジェフさんは考えています。



印象深い紹介文

ゼタという猫は、お腹をさすられることが大好きです。

嫌いなのは、幽霊が出る墓地です。

もしあなたが墓地近くに住んでいるのであれば、他の猫を選んでください。

ローラという猫は太陽の光の下で眠ることが大好きです。

日本の15世紀の戦国時代が大嫌いなので、その時代に連れて行かないでください。

でも、16世紀であれば問題ありません。

どれも一風変わった紹介文なので、思わず最後まで読んでしまいますね。

実際にジェフさんの紹介文を読む人が増えていて、

数匹の猫が里親さんに引き取られました。

このような工夫が、さらなる成果を上げることを願います。