かわいい

窓を開けると屋根の上でまったりくつろぐ2匹のキツネを発見!一体なぜ?

屋根の上

コロラド州で暮らしているアンディ・カーヴァーさんが朝、

自宅2階の窓から外を眺めるとくつろいでいる2匹のキツネがいました。

これはビックリする光景ですね!

このキツネは何時からいるのでしょうか?

キツネは冬眠をしない動物なのですが、

木の無い屋根に上って日向ぼっこをしていた所でしょうか?

大変驚いたと思いますが、冬毛のキツネはフワフワしていて可愛らしく、

驚きの後にアンディさんは奥様と「可愛い!」と声を上げたことでしょう。

どこから屋根に?

それにしても、一体どうやって屋根に上がったのでしょう?

疑問に思ったアンディさんが外に出て状況を確かめると、

家の横に積もった雪山から、屋根に飛び移るキツネの足跡を発見しました。

コロラド州は雪が多い地域のようです。

キツネたちは雪山と間違えてしまったのでしょうか?

しかし家の屋根なら室内の熱が少しは伝わりますから、

山よりは暖かいかもしれませんね。

のんびりと過ごす彼らの姿に、アンディさん達はとても癒されたとのこと。



キツネのその後

その後キツネたちは、裏山へと走り去って行ったそうです。

アンディさん夫婦は、帰って行くキツネを見送りました。

「素敵なサプライズをありがとう。またいつでも遊びにおいで」

とアンディさんはキツネたちに呼びかけました。

キツネは冬になると伴侶を見つけて家族を作り、群れでは行動しません。

夏になってこの2匹のキツネが、

小さな子供達を連れ遊びに来てくれたら本当に嬉しいですね。

出典:boredpanda