泣ける

痴呆症になったおじいさんからの2度目のプロポーズに思わず涙・・・

おじいさんの痴呆症

そのおじいさんは有名大学の出身で頭も良く、運動神経も抜群で、

お孫さんが小さい頃は勉強やスポーツを教えていました。

しかしお孫さんが高校2年生になった頃、痴呆症になってしまいました。

それ以来、お孫さんやその母親には「初めまして」と言うようになります。

唯一、ご自身の奥様であるお孫さんのおばあさんの事は分かっていましたが、

時が経つにつれておばあさんの事も分からなくなってしまいました。

それでもおばあさんは、毎日笑顔で懸命におじいさんの世話をしていきます。

ある日、久しぶりに家族全員でご飯を食べる事になりました。

この頃には、家族のことを誰も分からなくなっていたおじいさんですが、

何やら少々緊張していたそうです。



2回目のプロポーズ

そんな中おばあさんは、笑顔で家族みんなを紹介しました。

するとおじいさんは真剣な顔で、おばあさんにこう話したのです。

「あなたは、本当に素晴らしいお方だ。いつも素敵な笑顔で、僕に笑いかけてくる。あなたが笑ってくれたら、僕はとても幸せな気持ちになれます。もし独り身なら、僕と結婚してくれませんか?」

家族全員の前で、奥様に2度目のプロポーズをしたのです。

2回目のプロポーズに、おばあさんは涙をこぼしながら

「はい」と笑顔で答えたそうです。

過去の事を何もかも忘れてしまってもおじいさんは、

優しいおばあさんのことを純粋に好きになったのですね。

これが本当の愛なのかもしれません。

出典:Cadot