泣ける

女性が売っていたバラを全て買った男性➡︎1本も持ち帰らずに提案した事とは??

140ドル分のバラ

アメリカのニューヨークを走る地下鉄の車内で、

貧しい女性がバラの花を手売りしていました。

「1本1ドル、12本だと11ドルです。」

と周りの乗客に売り声をかけていると、スーツ姿の男性が近づいてきました。

男性は「手元に何本のバラがあるのか」と尋ねました。

「140本です」と花売りの女性が答えると、

「では全部で140ドルですね」と言って、

男性は懐から140ドル(約1万6,000千円)を取り出しました。



バラの使い道

花売りの女性から全てのバラの花を買った男性は、

次のような提案をしたのです。

「このバラはみんなに配ってあげてください。売るのではなく、ここにいる人たちにあげてください。いいですか?約束してくれますか?」

花売りの女性は「約束するわ」と答えましたが、

この男性の心温まる言葉に胸を打たれ、涙が止まらなくなりました。

男性が下車した後も、女性はしばらく涙が止まりませんでしたが、

男性との約束を果たすべく車内の人たちに声をかけました。

「バラが欲しい方、どうぞお1つ持っていってください。ただですよ」

車内の人たちはこの出来事に、笑顔と幸せに包まれていきました。

きっと地下鉄の車内には、バラの甘い香りと共に、

男性の優しい心が満ち溢れていたでしょう。

さりげなくこんな行動ができる男性は、やはり素敵ですね。