びっくり

アメリカの宅配業者が考えた受取人が不在の時の新しい荷物の渡し方が話題に!

不在の時の荷物

アメリカでは宅配業者によっては、再配達をしないこともあるようです。

そのため、家の前に荷物を置いて行ってしまうこともあるそうです。

そうした事情の中で、ある宅配業者さんが変わった配達をしました。

家主が帰宅すると、ポストにメモが入っていました。

「2つの荷物はドアのライトの所」

メモの通りライトを見上げると、そこに本当に荷物が置いてありました。



宅配のあり方

アメリカでは不在の場合、

再配達はしないで自分で営業所に取りに行くことになることが多いです。

そのため、この宅配業者のアイデアは好意的に受け止められているとのこと。

ただし、このアイデアは日本では難しいかもしれません。

近年は宅配業者の従業員の負担が問題視されています。

日本では宅配ボックスが少しずつ普及していますが、

より宅配業者の負担が減らせるように考えていきたいですね。

出典:reddit