猫ちゃん

猫と一緒に暮らしたいと願った末期ガンの少女!家族が託された想いとは?

カイリーちゃんの母親であるロビン・マイヤーズさんは、

エリザという猫に出会うまで人々がペットを愛するということが、

よく理解できなかったと言います。

カイリーちゃんは、ペットを愛する素晴らしさを家族に伝えてくれました。

彼女は最期を猫のエリザと過ごすことを希望し、

自分がいなくなった後のエリザの心配までしていました。

猫と暮らしたい末期ガンの少女

カイリーちゃんは幼くしてガンを患った女の子です。

長い間入院生活を続けてきたカイリーちゃんは、

最期の時を自宅で過ごすために退院することとなりました。

家に着いたカイリーちゃんは、猫と一緒に過ごしたいと両親に頼みました。

両親は地元の保護施設『Angels Among Us Pet Rescue』に事情を話し、

子猫のエリザを一時的に預かってきました。

エリザと初めて会ったカイリーちゃんは、満面の笑みを浮かべました。

カイリーちゃんの幸せそうな笑顔は、

ともすれば暗くなりがちな家の中を明るく照らしました。

エリザの方は家に来たばかりで何もわからないはずなのに、

まるでカイリーちゃんが病気だとわかっているようでした。

エリザはすぐにカイリーちゃんの腕の中で丸くなると、

2日半の間ほとんど離れるこもなく寄り添い続けました。

エリザはカイリーを愛することに全力を注いでいました。

それはカイリーの心に安らぎを与えてくれました。

カイリーちゃんは自分の最期を感じながら、

エリザを正式な家族として迎えてあげることはできないかと考えていました。



エリザの使命

カイリーちゃんは、

「私がいなくなってもずっとエリザの面倒を見てあげてね」

と家族に頼みました。

家族はカイリーちゃんの最後の日に、

そばについているのがエリザの役目だと思っていました。

しかし、エリザの使命はそれだけではなかったのです。

カイリーちゃんが亡くなった後、

愛情深いエリザはカイリーちゃんにしてあげたように、

泣き続けるロビンさんの腕の中で丸くなり、

喉を鳴らし続けたのだそうです。

カイリーちゃんは両親にエリザを世話してほしいと頼みましたが、

本当はその悲しみを癒すためにエリザを残していったのかもしれません。

ロビンさんはエリザに心を癒され、

徐々にカイリーちゃんとの別れを受け入れつつあります。

家族はカイリーちゃんが残していったエリザのおかげで、

再び前を向いて歩き始めることができました。

天国のカイリーちゃんも、家族の笑顔に微笑んでいることでしょう。

出典:Facebook